代謝低い体質改善

代謝が低い体質の原因と改善策

代謝が低い体質の原因としては、日常生活の中に原因があることが多いです。

 

ダイエットなどにより過度な食事制限を行っていると筋肉量が減少していきます。
筋肉量が減少すればしただけ代謝も落ちてしまいます。

 

体内にあるエネルギーを消費しにくくなってしまうため、少し食べただけでも太りやすくなります。

 

朝食を食べないことも代謝が低い体質になりやすい原因の一つです。
体は朝食を食べることにより体温が上がり、代謝が上がる仕組みになっています。
そのため、朝食を食べずに夕食だけ食べる場合、食べる量は少なくなったとしても日中の時間帯に消費できるエネルギーが少なくなるため非効率です。

 

改善策としては、過度な食事制限は行わないことです。
ダイエットしたい場合であっても、カロリーは意識しながら栄養バランスの良い食事を心がけます。

 

朝食は、何かしら食べるようにします。
身体は、毎日食べるもので構成されています。
代謝を良くするためにも、食生活の改善は、重要なポイントになります。

 

また、冷えも代謝を下げてしまう原因になります。
身体が冷えることで血行が悪くなってしまい、体調不良や便秘なども引き起こし、毒素も溜まりやすくなり悪循環を引き起こします。

 

冷えは万病のもととも言われます。
冷たいものは、身体を冷やすだけでなく、内臓機能の低下や消化不良などを引き起こすこともあります。

 

温かい食べ物や飲み物を意識して、身体を冷やさないようにし、身体の内側から変えていく必要があります。

 

冷え体質の人は、カフェインの摂取を控えることも改善策の一つです。
カフェインは、交感神経を優位にしますが、血行が良くなるのは、リラックス状態の時です。
そのため、冷え体質の人やむくみやすい人は、ノンカフェインの飲み物を飲むようにすることです。

 

代謝を上げるためには、血行を良くすることが改善策となるため、ストレッチやマッサージなども有効な方法です。
筋肉を柔軟させることで血流を促せます。

 

代謝をアップすには酵素サプリの利用がおすすめです。