むくみ体質の改善

むくみ体質の改善について

「むくみ」とは、不要な水分が体の中に残ってしまうことです。

 

本来不要な水分や老廃物は体外へ排出されるはずですが、それが残ってしまうのは体内循環が悪いという体質に原因があることが多いです。

 

体の不要物はリンパの流れや血管の中の血液で流れて尿や便、汗などで排出されます。
その流れが悪いと不要物が残ってしまいます。

 

むくみは、だるさを感じ心身ともに不調の原因になります。
また、不要物は毒素に変わって臓器に様々な影響を及ぼすことがあるので、改善すべきことです。

 

むくみ体質を改善するには、体内循環を良くする習慣をつけることが大切です。

 

まずは日ごろの姿勢を考えます。
長時間の座り仕事をしている場合は、体の循環が悪くなりがちです。
1時間に一度くらいの割合でストレッチをしたり、周りを歩いてみるなどの決まりを自分の中でつけます。

 

長時間の立ち仕事の場合には、トイレに行く際にでもふくらはぎをマッサージする習慣をつけると良いです。
そして、ウォーキングなどを習慣化することもとても良い方法です。

 

また、食生活も大切です。
塩分はむくみの原因になるので、塩分控えめ、暴飲暴食は控える、薄味に慣れることも大切です。

 

飲酒は血管の流れを悪くします。
飲酒した次の日にむくみを感じる方は多いものです。飲酒はほどほどにします。

 

そして、毎晩の入浴でリンパマッサージをするのも良い効果があります。
リンパのマッサージをしていると痛い部分があります。そこに老廃物が溜まっているのです。
傷む部分が無いようにしっかりとマッサージすることでリンパの流れが改善し、不要な水分が排出されます。

 

また、利尿作用のあるお茶を飲んだり、むくみ改善のサプリメントなどを飲むことで不要な水分は尿として排出されます。

 

このように、日常生活の中で意識を持って、無理ない程度に対応していくだけでつらいむくみとおさらばできます。
さらに、体の不要物が排出されることはダイエット効果にもつながります。