更年期障害

[更年期障害」をできるだけ軽く穏やかにすごしたいと思うんだっら

あなたは「更年期障害」のどんな症状になやんでいますか?
ホットフラッシュ?、冷え、精神的なイライラ?

 

ご存知のとおり、「更年期障害」は、閉経前後に起こる身体的、精神的な異常のことです。
女性の体は非常にデリケートで、卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンによって体調が左右されます。
「更年期障害」とは、閉経によってエストロゲンの分泌が低下することによっておこります。

 

閉経には自然閉経と、人為的閉経があります。
日本人の自然閉経は51歳で、40代中ごろから後半にかけて「更年期障害」がでてくるといわれます。
人為的閉経は何らかの病気などで、両側の卵巣を切除することをいいます。
子宮のみを摘出し、卵巣が残っているケースでは、エストロゲンが分泌されるため、「更年期障害」は起こらないといわれています。

 

「更年期障害」の症状やでかたは、人によって異なります。
ほとんど「更年期障害」らしい症状がでない人もいれば、体を動かせないほどの重い「更年期障害」の症状がでる人もいます。

 

人為的閉経の場合、自然閉経とは異なり、「更年期障害」の症状が重い人が多いといいます。
これは、生殖期に強制的に卵巣を摘出してしまうためで、子宮のみを摘出した場合は症状がでないことが多いようです。

 

通説としていわれているのは、自然閉経を気にする人ほど症状が重く、それほど気にしていない人ほど、症状が軽いといわれています。
なので、「更年期障害」の時期をできるだけ軽く穏やかにすごしたいと思うんだったら、次のことに留意して、生活習慣を見直すといいです。

 

1..「更年期障害」は病気ではないので、現れてくる症状に一つ一つ拘らない。  いつかは終わるとおおらかに構えてネアカで生活する。
2.基本は「自律神経の乱れ」なので「自立神経の乱れを整える」ような生活をする。

 

症状がつらいからと家にこもらないで、散歩、ショッピング、スポーツなどで気晴らしをはかるといいです。

 

また、「自律神経の乱れ」を整えるには、食事の改善、生活全体にメリハリをつけることが大切で、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、睡眠、などの生活リズムを整えることが大事です。

 

栄養バランスの取れた食事の補助として「OM-X生酵素」がおすすめです。