夏バテ|OM-X生酵素

「これって夏バテ?」夏バテの原因とおすすめの対策方法

今年もようやく梅雨があけて、暑い太陽の日差しがギラギラと。

 

吹き出す汗といっしょに、「夏バテ」っていう言葉も一気に現実になってきますね。

 

あなたは、夏に強いですか?それとも弱いですか?

 

早い人は梅雨開け1週間もすると「夏バテしちゃったー。」なんてね。
「夏バテ」する人は毎年だいたいこの時期に「夏バテ」状態になると思いません?

 

「夏バテ」と言葉は軽いですがバカにできませんよ。
「夏バテ」で免疫力が落ちて夏風邪を引いたり、はては、夏風邪 が引き金になって、これまで隠れていた病気が頭をもたげてきたりするので要注意です。

 

これまで「夏バテ」なりやすかった人はとくに「夏バテ」対策をきちんと行うべきです。

 

「夏バテ」とは?あらためて確認すると

日本の夏って高温多湿ですよね。

 

「そんなに高温多湿 の環境に身体がついていけなくなって、なんとなく全身がだるかったり、身体が重かったり、倦怠感でグッタリ。胃腸も疲れて、食欲が低下、お腹が下痢っぽくなったりする、そんな夏に起こる全身の不調のこと。」ですよね。夏負けや暑気あたりとも呼ばれてますね。

 

夏バテの症状

1.夏バテの典型的な症状は全身のだるさと疲労感です。
なんとなく身体がだるく、疲れが取れにくい日々が続きます。

 

また、暑さによって、寝付きが悪い。グッスリ眠れない。早朝から明るくなることからくる休息不足。
それによって、さらにだるさや疲労感が増えるという悪循環に落ち込みます。

 

2.食欲不振
ついつい食べたり飲んだりしてしまう冷たいもの。
それによって、胃腸の疲れてしまい消化機能もダウン、食欲が落ちて身体に不可欠なエネルギーやビタミンなどが不足、さらに、だるさや疲労感が増えます。

 

「夏バテ」になる原因は

1.室内外の温度差による自律神経の乱れ

 

冷房の効きすぎた部屋にいるとそれ事態がストレスになっって自律神経のリズムを崩します。
さらに、暑い戸外にいるだけで体力を消耗しますが、暑い戸外と冷房の効いた屋内との移動機会が増えます。
急な温度差はそれだけで体力を消耗しますが、同時に自律神経の働きを大きく鈍らせる原因となり、その結果
胃腸の働きが不活発になって食欲不振に、からだのだるさや倦怠感をもよおして夏バテといった症状になります。

 

2.高温多湿の環境による発汗の異常
高温多湿の環境の中に長くいると、汗が出にくく、出ても蒸発しにくいので、汗によって身体を冷やすというサイクルがうまく機能しなくなって、体温調節ができなくなり、身体に熱が篭ったりします。
また、直射日光下にいると発汗が異常に多くなって身体が水分不足になって体温調節ができにくくなります。

 

3.熱帯夜による睡眠不足

 

地球の温度上昇、ヒートアイランド現象の深刻化、で夜間の温度が25℃以上の熱帯夜の続くことに。
夜寝る時に気温が下がらないので、なかなか寝付けない。眠りが浅くグッスリ眠れない。などの理由から休息不足に。
結果、昼間の疲労が回復できず蓄積、夏バテの原因になります。


「夏バテ」対策は?

では、「夏バテ」を防ぐにはどうしたらいいんでしょうか?
基本は暑さに負けない「体力」をつけること

 

「体力」をつけるには、色んな栄養素をバランス良くたっぷり摂って内蔵強化して、しっかり休息をとること。

 

身体に十分な栄養が行き渡れば、自律神経のバランスが整ってくるので自然と休息をとれるようになるので、
まず、しっかりと栄養を取ることが大事。

 

でも、ビタミンとかミネラルとか色々あるけど、何をどう摂ったらいいの?と迷ってしまいますよね。

 

色んな栄養素をバランス良く摂らなければならない時、一番使いやすいのが酵素サプリなんです。
私達の身体に不足した栄養だけでなく、その周辺の関連するミネラルまで全部まとめて面倒見てくれるからです。

 

「夏バテ」の身体に、まず1週間、酵素サプリをあげてみてください。
だるかった身体がスッキリとしてきます。

 

OM−X生酵素 公式サイトはこちら