生酵素

そもそも「生酵素」って何?

「最近、生酵素って言葉を耳にするけど何?」
「普通の酵素とどんな違いがあって、どんな効果があるの?」
「本当にダイエットに効くの?」

 

「生酵素」って一体何でしょうか?
普通の酵素サプリや酵素ドリンクと何が違うかご存知ですか?

 

「生酵素」とは

酵素とは色んな植物原料を発酵樽につめて発酵熟成した植物発酵エキスです。
「生酵素」とは、 発酵樽の植物発酵エキスをそのままパウチやソフトカプセルに詰めた物をいいます。
加熱殺菌や、低温乾燥して粉末や顆粒にしていないもいいます。

 

例えば、酵素ドリンクは植物発酵エキスに、飲みやすくするために希釈したり、甘味料とか香料を添加して瓶詰めします。
こういうドリンクは食品衛生法で高温殺菌しないと商品として出荷販売ができません。
高温殺菌をすると、含まれている酵素を失活させてしまいます。

 

失活とは
酵素はの組成はタンパク質です。
タンパク質は、卵のように熱を加えるとゆで卵となって、冷ましても元に戻ることはありません。
酵素でも同じように熱を加えると変質してしまいます。

 

一方、低温で乾燥させて水分を飛ばして、粉末化、顆粒化した酵素サプリもあります。

 

「生酵素」。発酵樽のなかの植物発酵エキスを加工を加えずにソフトカプセルに入れたりして商品にするには、
製造工程の全てで 雑菌が混入しないように、厳格な衛生環境管理が必要になります。
出荷する全製品について、細菌などは、絶対に入っていいないと証明できなければなりません。
お客さんが飲もうとしたら腐っていた。なんえ笑い話にもなりません。
そのため、製品化には高い技術と高額な設備が必要で、極めて高いハードルがあります。勢い値段も高くなってしまいます。

 

生酵素が求められる理由とは

植物発酵エキスには、原材料に使った野菜や果物に含まれている、栄養素や酵素、ファイトケミカル、食物繊維などがそのまま含まれています。
さらに、発酵に使った乳酸菌とその死体菌、発酵によって新しく付加された有用物質が、損なわれことなく、 すべて、そのまま入っています。

 

その、すべてが、私達の身体に有用なものばかりで、しかも、一番吸収しやすい状態になっています。
だから、ドリンクでもなく、加工された粉末でもなく、発酵熟成された植物発酵エキスの原液である「生酵素」が酵素サプリとしては
一番理想的な形でなんです。

 

「生酵素」の良さはどこにあるの?

普通の酵素と生酵素の良さの違いを説明するのは難しいです。
身体ではその良さと力強さを感じることができます。
また、「生酵素」は健康パワーがとても強いので、摂取すると一時的に下痢になったりしますので、身体を慣らすなど、使い方に工夫が必要になります。

 

「生酵素」はダイエットに効くのか?

「酵素=飲んで痩せる」といお話が様々な所で取り上げられています。
「生酵素」も同じくくりで取り上げられ。「生」がついているだけで、より効果的に痩せるかのようなイメージ作りがされています。

 

たくさん発売されている「酵素でダイエットできる。」という酵素ドリンクやサプリを渡り歩いている方もおられますが
酵素を摂取しただけでは痩せられません。ですが、健康的な身体を作ることができます。
正解はこちらのサイトにあります。