OM-X生酵素お試し体験

そもそも「酵素」とは?

「酵素」には体内酵素と食物酵素の2種類があります。

 

私達の身体の中では摂取した食物、栄養素は様々な化学反応によって生きるためのエネルギーを生み出したり組織の再構築をしていますが、その化学変化の触媒になっているのが体内酵素で身体の各部分で必要に応じて作られます。

 

体内酵素(潜在酵素ともよばれ)は代謝酵素と消化酵素の2種類があり、代謝酵素は身体の各部分で触媒として用いられ、消化酵素は食べたものを分解して身体に吸収しやすくする時に持ちられます。

 

新鮮な生の野菜や果物・お刺身、また納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素は、消化を助け、体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。

 

XXX酵素、XXX酵素ドリンクなど「酵素」という名を使った商品があります。
これらは原料となっている植物を発酵熟成させた植物発酵エキス、あるいは植物発酵エキスにオリゴ糖や乳酸菌を添加したものです。。

 

酵素商品の中に含まれている酵素と体内酵素とは名前は「酵素」ですが全く異なるものです。
酵素は元々がタンパク質なので、食べたり飲んだりして腸に到達すると、アミノ酸として吸収されますのでそのまま体内酵素になるわけじゃないんです。

 

したがって、「身体の中の酵素不足です。XXX酵素で酵素を補充しましょう。」といったコマーシャルがありますが、この酵素商品を摂取してそれがそのまま体内酵素を補うことにはなりません。

 

身体の中で働く酵素とは全く違うものです。
むしろ、身体の中で働く本来の酵素の原料となるものととらえた方が正しいと思います。

 

「酵素が足りていない。」じゃなくで「酵素の原料となる栄養が足りていなくて酵素不足に落ちいっている。」
ということになりますね。

 

なぜ、こんな紛らわしいことになったかというと、植物発酵エキスを開発した方が商品名をつける時に、「酵素」という名前を使ってたことに由来し、植物を発酵熟成したものには「酵素」という名前を使うことが定着しました。

 

基本「XXX酵素」というのは納豆と同じ発酵食品に該当します。