野菜不足|万田酵素

若い人に野菜不足が深刻


TVで野菜不足についてインタビュー番組をしていました。

野菜の必要性は認識されていても、「食べるまでの加工がめんどうくさい。」「値段が高い。」などの理由でどうしても敬遠されがちになっていました。


厚生省では随分と昔から「野菜は1日には350gは摂りましょう。」と推奨していますが、統計による標準摂取量は253g、いちばん少ない県で100g位、さらに若い人ほど摂取量が少ないという結果で一向に改善されていません。

 

また、1時期「1日30品目の野菜の摂取を」と言っていましたが、今は「主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを」「多様な食品を組み合わせましょう」といっていますが、それもなかなか進んでいないようです。

 

某自治体では小学校の給食で350gを実施して、児童たちの欠席や病気に罹る率が大幅に改善されたという事例も紹介されていました。


確かに野菜には、量を確保しようとするとかさばる。多様な種類を入手しようとすると大変。保存が効かないのでこまめに買い物する必要がある。など、家庭では手に負えない面があるのも事実です。


野菜を摂取する意味は、ビタミン、ミネラルのなどに幅広い栄養素を摂取できる。旬の野菜の持っている生命力摂取できる。生の野菜にしかない酵素を摂取できるなど健康には必須ですよね。


野菜不測解消の方法には 野菜ジュース、青汁、スムージー、などの方法がありますが、どれも、成分に偏りがあったり、作るのに手間がかかったり、味に馴染めなっったり、とイマイチですね。

 

その点、酵素サプリはカプセルを飲むだけで野菜不足を補うことができて簡単手間いらず。忙しい現代人の生活週間にあった野菜不足解消法です。

なにより

  • 原料成分の多いので多様な栄養素まとめて摂れる。
  • 植物の酵素がそのまま入っている。
  • 発酵による有用成分が追加さるている。
  • 濃縮熟成されているのでカサが小さく摂取しやすい、
  • 飲む度に手間をかけずにそのまま薬のように手軽に飲める。
  • 味に馴染めないか心配する必要が無い。

などの利点があります。


酵素サプリはダイエット面ばかりもてはやされていますが、野菜不足を解消して、健康な体をゲットすのにとってもいい選択肢だと思いませんか?


「万田酵素プラス温粒タイプ」と「 万田発酵ひと粒のちから」は野菜不足を解消して、健康な体への大きな一歩になることは間違いありません。


「万田酵素」の無料のお試しは万田酵素プラス温のペーストタイプと粒タイプの両方と万田発酵ひと粒のちからの錠剤タイプの3種類です。

 

それぞれ8回分が送料無料で送られてきます。8回分を使いきって1週間位すると電話で感想を求められます。すごくやさしく、丁寧な電話なので素直に自分の気持ちを素直に話せます。その後に強い勧誘はありませんでした。


>>先ずは下記の無料モニターから<<

万田酵素プラス温 無料モニターはこちらから

 


万田酵素プラス温ペースト
タイプ無料モニター募集中!
万田酵素プラス温粒タイプ
楽天市場からお求めできます。
万田発酵ひと粒のちから
楽天市場からお求めできます。
バナー原稿 300×250_a (140310)imp

万田酵素プラス温 万田発酵ひと粒のちから 万田発酵のおいしい青汁 アミノアルファプラス フェルミック このサイトのまとめ