冷えのぼせ|つらい

「冷えのぼせ、つらい。」

あなたは「冷えのぼせ」で悩んでいませんか?


  • 頬が真っ赤になって恥ずかしい。
  • 緊張すると顔がほてる。
  • 肌荒れがひどい。
  • 頭がボーっとしてしんどい。
  • 入浴はすぐのぼせてしまい気分が悪くなる。ゆっくりお風呂なんて考えられない。

子供の頃は「リンゴのようなホッペ」って言われて褒められたけど、今となっては、自分一人が真っ赤な顔をしているので恥ずかしいだけ。

 

「冷えのぼせ」とは

 

「冷えのぼせ」は手足が冷たいのに頭がボーッと熱い状態のこと。


「冷え」を放置していると重症化して「冷えのぼせ」になるんです。
「冷え」のうちに対処しておきたいですね。


20ー50代の1/3が「冷えのぼせ」に悩んでいるそうで、20代は体を冷やすような生活習慣から50代は更年期障害からきているといわれています。

 

「冷えのぼせ」の人はただ単に「冷え」「のぼせ」に悩むだけでなくその他の症状、気分の不快、睡眠の悩み、肌の悩みなど、にも悩まされているというからやっかいです。


具体的な症状としては

  • 体調身体の不快=頭痛持ち・肩こりがある・腹痛持ち・口が渇く
  • 睡眠の悩み=入眠困難・熟睡障害・中途覚醒・仮眠症・
  • 早朝覚醒気分の悩み=イライラする・不安感に襲われる・落ち込みやすい
  • 肌の悩み=ニキビ吹き出物が出来る・皮脂が浮く・赤みがある・べたつく

などが上げられます。


「冷えのぼせ」の原因は、「冷え」により、交感神経と副交感神経の切り替えが頻繁になって、自立神経のリズムが乱れてしまっている状態です。
更年期障害が早く始まったと勘違いする人もいますが、実際は別物だそうです。

 

「冷えのぼせ」の対策方法は?

 

「冷えのぼせ」は血流の偏りからきていると言われていて、対策としては偏った血流を正常化すること。
ほてった顔は冷たいタオルで冷やすなどしてさましてあげて、まず「冷え」とりが基本です。

 

  • 1.内蔵を冷やさない。

      冷たい物はさけてできるだけ温かいものを食べる。

  • 2.体を内側から温める野菜を食事に取り入れる。

      主に根菜、生姜など

  • 3.首、手首、足首を温めて冷やさないようにする。 

      出来るだけからだを締め付けない工夫をして血流を阻害しない。

  • 4.靴下を2枚履く。5本指靴下を使う。
  • 5.基礎代謝を上げる。

      有酸素運動などで体の中から熱を発生させる。

  • 6.緊張を避けて、リラックスする。

      ストレッチをする。

  • 7.ぬるめのに風呂に長湯する。半身浴、足湯や湯たんぽを使用。

などです。

 

「万田酵素プラス温」は「冷えのぼせ」対策にもおすすめです。

 

万田酵素プラス温には代謝を改善する働きがあり、それに生姜がプラスされていますので、体を内側から暖かくして血行を改善する働きがあります。
女性特有の「冷えのぼせ」のつらさを万田酵素プラス温で改善して楽になりませんか?


>>先ずは下記の無料モニターから<<

 

万田酵素プラス温ペースト
タイプ無料モニター募集中!
万田酵素プラス温粒タイプ
楽天市場からお求めできます。
万田発酵ひと粒のちから
楽天市場からお求めできます。
バナー原稿 300×250_a (140310)imp

万田酵素プラス温 万田発酵ひと粒のちから 万田発酵のおいしい青汁 アミノアルファプラス フェルミック このサイトのまとめ