自律神経|乱れ

「自律神経の乱れ」って、どんなことですか?

体はどこもおかしくないんだけど、体がだるい。
倦怠感が抜けない。
これといった理由もないのに、落ち着かない、
イライラしたり、焦ったり。


「体調が今一なんですけど。」って受診して、いろいろ検査をしたけど、どこもおかしいところはない。
医師には「自律神経の乱れかな?」なんていわれて釈然としないまま帰宅した。


そんな経験ないでしょうか?


そもそも「自律神経」ってなんでしょうか?聞いたことはあると思います。
でも、詳しくはわからないし、それが自分とどういう関わりがあるのか、今一はっきりしない人が多いのではないでしょうか?。


「自律神経」は私たちが意識しなくても、身体全体をコントロールしている神経です。


例えば、内臓器官、心臓を鼓動させる。、胃や腸を蠕動運動して消化する。体全体の血流をコントールする。など数え上げるのも大変です。


これらの働きを、興奮したときに作用する交換神経と、リラックス時に作用する副交感神経の2つの神経がお互いにバランスをとりながら働いています。


このバランスがうまく取れている状態が健康な状態です。
バランスが何らかの要因でどちらかに偏って強く働いでいる状態が「自律神経が乱れた」という状態です。


「自律神経」の働きは、加齢とともに乱れやすくなり、それが全身の健康や老化、心にも大きな影響を与えています。


「自律神経のバランス」は加齢、過労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れによって、バランスを崩してしまうことがあります。
体調がすぐれない。体がだるい、重い、倦怠感、不眠、予期しない発汗、イライラ、落ち込みなどがある場合、「自律神経の乱れ」が疑われます。


代表的なものに女性の更年期障害があります。
女性ホルモンの低下により、自律神経のバランスが乱れて、様々な身体的、精神的症状が現れ、随分とたくさんの女性がそのために悩んでいます。


毎日の心と体の健康

は、「自律神経のバランス」によって決まるといっても過言ではありません。

 

「自律神経」が乱れる原因とは?

 

自律神経のバランスが乱れる原因は大きく分けてふたつあります。

  1. 外的な要因で自律神経のバランスを乱してしまう場合。
    身体的、精神的ストレス、生活習慣(不規則な生活、栄養不足)から来るもの。
    自律神経失調症
  2. 内的な要因によるもの。 ホルモンバランスの変調によって発生。
    代表的な例では更年期障害− 女性ホルモンの分泌が急激に減ることで自律神経のバランスが乱れて、 突然のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなどさまざまな不調が現れます。
    更年期障害というと女性だけのものと思われてきましたが、最近では男性にもあることが分かっています。

 

「自律神経の乱れ」からおきる様々な症状

 


自律神経が乱れると肉体的にも精神的にも様々な症状が現れますが、
その症状は人によって大きく違うのが特徴です。
症状をまとめると、下記のように多種多様です。

  • 脳神経系の症状 : 冷え、疲れる、だるい、のぼせる、不眠・惰眠めまい、頭痛・頭重、しびれなど
  • 循環器系の症状 : 立ちくらみ、顔の紅潮、不整脈、動悸など
  • 呼吸器の症状 : 息切れ、あくび、咳、のどの不快感など
  • 消化器系の症状 : 吐き気・嘔吐、胃の不快感、胸焼け、下痢、便秘、腹部膨満、食欲不振など
  • 運動器の症状 : 肩こり、腰痛、背部痛、足の痛み、後頭部の筋肉痛など
  • 皮膚の症状 : 発汗、青白い顔、指先の冷え、顔面紅潮など
  • 泌尿器・生殖器系の症状 : 頻尿、勃起不全など
  • 精神症状 : あせる、イライラする、不穏、無感動、無表情、集中力の低下など

 

「自律神経の乱れ」かどうかはセルフチェックできます

 

自分が自律神経が乱れた状態であるかどうかは、ある程度、自己診断ができます。
下の表でポイントが高ければ高いほど、その可能性があります。


昼夜が逆転した生活をしている。はい
睡眠不足だ。 はい
仕事や勉強の成績が不振で悩んでいる。 はい
食事は手早く食べることが多く、朝や昼を抜くことも多い。 はい
人間関係に悩んでいる。 はい
生活面での大きな変化があった。 はい
最近、ショックなことがあった、または健康や家庭の不安がある。 はい
運動不足だ。 はい
疲れているのに、眠れない。 はい
季節の変わり目には体調を崩すことが多い はい

 

 

うつ病との違い

 

「自律神経」が乱れると「うつ病」とよく似た症状が発症します。
それぞれ、原因が全く異なっているので、別のものです。


「自律神経失調症」は」自律神経のバランス」が乱れる事で発症します。
一方「うつ病」の場合は脳の神経伝達物質に分泌異常が起こる事により症状が現われる病気です。
原因としてはストレスが多いのですが元々遺伝的に分泌異常が起こりやすい遺伝子を持った人もいるようです。


「自分はどっちなの?」と疑われる場合はお医者さんでチェックしてもらうことができます。

 

「自律神経の乱れ」を整えるには

 

1.気分転換を図って、ストレスを発散すし、ゆっくり休んで疲れを癒す。
  1. (1)ストレス:ストレスを溜め込まないような工夫を。
    外出、ショッピング、ストレッチや軽い運動、など、積極的にストレスの解消に務める。
    ヨガ、瞑想、自立訓練法、座禅などを生活習慣に取り入れる。

  2.  


    「自律神経の乱れ」」を整えて、元の元気を取り戻すにはどうしたらいいでしょうか?


    そのポイントは、生活習慣の改善と栄養バランス、血行改善、腸内環境の改善、の4つになります。


  3. (2)休養:休むときは徹底して休む。
    睡眠環境を改善して安眠できるように工夫。
    寝る直前までのブルーライトを控える。
    枕や、布団、パジャマなど寝やすいものに。
    寝室の物音、照明などを工夫
    睡眠サプリなどの利用
    アロマなどの利用
     

 

2.有酸素運動を習慣化する。

無理のない有酸素運動が自律神経の乱れを改善してくれます。
注意点は、頑張りすぎないこと、継続して行うこと。
次のようなアウトドアスポーツがおすすめです。

 

  • スロージョギング
  • ウォーキング
  • 自転車
  • 水泳

 

明るい太陽の下で、軽く汗ばむくらいの運動は心も体もリフレッシュしてくれます。

 

3.バランスのとれた栄養をたっぷりと体にあげること。

自律神経と内臓の働きは相互に依存しています。
バランスのとれた栄養を十分に摂取することで内臓の働きが活性化、腸内環境が改善、血行も改善して、自律神経の乱れも徐々に整っていきます。

 

まとめ

「自律神経の乱れ」はバランスのとれた栄養を十分に摂ること、生活習慣を見直すことで整えることができます。
しかし、日々の食事を栄養バランスを整えて、しかも十分に。というのは実際にやろうとすると意外に大変ですが、酵素サプリメントを使うと簡単に実行できます。


酵素サプリは何十種類もの植物原材料を発酵熟成した植物発酵エキスです。
「ここれとこれとこれ」って言えないくらいの様々な栄養素の塊です。
発酵熟成してありますので、身体に、消化という負担をかけることなしに、直接吸収されます。


バランスのとれた栄養をたっぷりと体にあげることができるので、内蔵が元気に、腸内環境がよくなり、代謝が活発に、血流が改善、自律神経の乱れが整ってきます。


おすすめしたい酵素サプリはこちらです。

 

OMーX生酵素
通常価格9,150円(税込み)90粒入り/1ヶ月分
定期価格8,020円(税込み)90粒入り/1ヶ月分
お試し価格980円21粒/1週間分
特記事項定期購入の初回は6,400円

>>公式サイトとご購入はこちら<<

三浦りさ子愛用バナー


 



万田酵素プラス温 万田発酵ひと粒のちから 万田発酵のおいしい青汁 アミノアルファプラス フェルミック このサイトのまとめ