万田酵素青汁体験

【万田発酵のおいしい青汁】はダブルの健康パワーです。

【万田発酵のおいしい青汁】がTVCMをしていることを最近知りました。
【万田酵素プラス温】のモニター募集のTVCMは地デジでやっているのを何回も見てます。
【万田発酵の美味しい青汁】はBSでやっているということですした。私はまだお目にかかったことがありません。

 

【万田発酵のおいしい青汁】青汁は桑の葉、大麦若葉の粉末の抹茶と乳酸菌を入れています。
ここまでなら、普通の青汁と大きな差はないですが、【万田発酵のおいしい青汁】は「万田酵素エキス末」を配合しているのが「売り」です。
これが他のメーカーの青汁と【万田発酵のおいしい青汁】と決定的な違いです。

 

「万田酵素」といえば、50種類以上の、野菜、果物、海藻、穀類を3年3ヶ月以上の間、温度管理だけで発酵熟成した発酵熟成エキス。
発売以来30年、日本の酵素サプリメンとの草分け的存在、体にいいことはお墨付きです。

青汁と言うと普通、青臭い、あまり美味しくないイメージ。「マズーイ!」とうコマーシャルも昔ありました。
抹茶をブレンドしたり、組み合わせる植物を工夫して随分と飲みやすくなりましたが、それでも、生の葉っぱを微粉末にしているわけで、青臭いというイメージはついてまわってます。
体にいいとはわかっていても、なかなか手が出せない人も多いのではないでしょうか?

 

そんな青汁に「万田酵素エキス末」を加えておいしくしているのが【万田発酵のおいしい青汁】。
【万田酵素のおいしい青汁】は、その名前のとおりとても飲みやすいです。
青汁は体にいいとわかっていても、不味そうなイメージから躊躇していたあなたに良いお知らせかと。
飲みにくい青汁独特の味を苦味などがほとんどなく、毎日飲み続けることができるようになっています。

 

青汁と万田酵素という2つの健康効果がひとつ合体した【万田発酵のおいしい青汁】
試してみない手はないかと。

 

今、初回限定キャンペーン中で、2,646円で【万田酵素プラス温】無料モニターセット付きです。

 

通常価格3,780円 1ヶ月分 1袋3g、30包入
定期便価格3,402円
初回限定で価格 2,646円 1ヶ月分+【万田酵素プラス温】無料モニターセット付き

 

【万田発酵のおいしい青汁】のお求めはこちら

 

【万酵素プラス温】お試しモニターのお申込みはこちら


【万田発酵おいしい青汁】自腹体験

1.注文は住所と決済方法の入力で難しくありませんでした。
  万田発酵の場合、万田酵素の会員になるかのチェックがあります。
 注文確認メールが届いてから3日後に発送メールが、実際に商品が届いたのが注文してから10日経っていました。
 「うーム。ちょと動きが遅いかな〜。」という感じです。

 

2.届いた【万田発酵おいしい青汁】の輸送パッケージとその中身です。
  入っていたものは下記のようになります。
    【万田発酵おいしい青汁】1箱
    「万田酵素プラス温お試しパック」1袋
    明細書、個人情報保護シール
    「万田発酵お買い物ガイド・ブック」、「商品カタログ」のブックレット
    購入感謝状と申込み用はがき兼FAX用紙のペラ2枚

3.【万田発酵おいしい青汁】の箱です。

4.【万田発酵おいしい青汁】の箱の4面に特徴、飲み方、成分表が書いてあります。
■特徴:桑の葉、大麦若葉、抹茶、有胞子乳酸菌、植物発酵エキスを加えて美味しいコクのある青汁。
■飲み方:1袋を100〜120mlの水、お湯、牛乳などで溶かして飲むように、となっています。■成分表:桑葉末、植物発酵エキス末(難消化性デキストリン、植物発酵エキス(オレンジ、クリミ、ゴマ、大豆、バナナ、りんごを含む))、大麦若葉、抹茶、デンプン、有胞子乳酸菌/ビタミンC

5.【万田発酵おいしい青汁】の箱の小袋が30個入っています。
  小袋の中身は3g、裏面には成分表が書いてあります。

6.小袋中身をお皿にあけてみました。
  参考までに「世田谷食品の青汁」と比較してみました。容量はどちらも3gです。
  同じような見た目ですが【万田発酵おいしい青汁】の方が僅かにグリーンが濃いです。

7.粉末のままで舐めてみました。
  どちらも、同じように草の味、香りです。
  「世田谷食品の青汁」の方が少し甘みがありました。
8.100mlの水に溶かしました。
  同じような色合いです。
  飲んでみると、舌触りの粉っぽい感じはおなじですが、味が濃いのは【万田発酵おいしい青汁】の方でした。
  確かに、普通の青汁よりコクがあります。
  「おいしいか?」というとどちらも同程度かと。ダントツにおいしいという訳ではないです。

【万田発酵おいしい青汁】自腹体験のまとめ

確かに、【万田発酵おいしい青汁】は他の青汁より濃厚でコクがあるように感じました。
青汁の栄養素と万田酵素の栄養素とダブルで摂取できるのは嬉しいい商品であることは確かだと思います。

 

継続してみて「万田酵素のエキス末」がどこまで万田酵素と同じような力を発揮してくれるかは今のところわかりません。


万田酵素プラス温 万田発酵ひと粒のちから 万田発酵のおいしい青汁 アミノアルファプラス フェルミック このサイトのまとめ